電子書籍化サービスの感想

昨年12月に9冊の本のデジタル化を「BOOKSCAN(ブックスキャン)」さんという所に
申し込んでありました。
(参照:「電子書籍化サービスを利用してみる」)

それが最近完了したので、今回はその感想を書こうと思います。

とりあえず全体的な感想としては
「思っていたよりちょっと残念な感じだったかなぁ。。。」です。

なんというか、とにかくいろいろ面倒くさいです。

まず、スキャン予定日前後に本を送らなければいけません。
その指定日が申込みをしてから少し間が空くので(今回は1か月半)、
忘れたころに「あ、送らなきゃ!」となり少しストレスを感じます。
(依頼本が10冊以下の場合はいつ送っても大丈夫だったようですが。。)

本が向こうに到着してからPDF化完了まではけっこう早かったので◎

PDF化完了のメールが届いたらマイページからそのPDFをダウンロードできるのですが、
1個ずつしかダウンロードできないのでそこでけっこう時間がかかります。
私の場合はたった9冊でしたけど、ネットサーフィンしながら作業をして1時間ぐらいかかったでしょうか。。
一括でダウンロードしたい場合はプレミアム会員にならなければいけないそう。

ダウンロードしたPDFを見てみると、文字が薄くてちょっと読みづらかったです。。
私としてはもう少し濃い方が良かったのでその点も残念ポイント。

それから今度はiPhoneでも見られるようにする変換作業(チューニング)をしたのですが
これも1冊ずつ依頼しなければいけません。
こういうサービスが無料で使えるだけでもとても有り難いことですが
1冊ずつ依頼するのはやっぱりちょっと面倒。。

チューニングが完了したら、iPhoneにあらかじめ入れておいたBOOKSCAN専用のアプリを開き
チューニングした本をダウンロードします。
これでようやくiPhoneでも読めるというわけです。

私は1冊50円のファイル名変更サービスをケチったので、
本棚がこのように残念な感じになってます↓

bookscan

どの本がどこに置かれてるか覚えとかないとなぁ(笑)

というわけで、
1冊100円で書籍のPDF化ができ、更にiPhoneでも読めるっていうのは素晴らしいですが
kindleで電子書籍を買うことに慣れてしまっていたので、
正直いろいろな煩わしさも感じてしまいました。

たった9冊でそう感じたのだから、何十冊、何百冊と頼む場合はなお更かも。。
ちなみにこれらの煩わしさを解消できるプレミアム会員は、月額9,505円+税だそうです。

まぁいろいろと小言を言いましたが、とりあえずは9冊の本がデジタル化できて良かったです!笑

願い:kindle版がもっと増えますように!

 

(コメントは停止中です)