お金の執着をなくす

わたくし、20代の頃はとにかくケチケチしていました。
服や靴などは安いものばかり。
旅行だけは例外で、思い立ったときにポーンと航空券を買ったりできましたが、
その他のモノに関しては基本的に安い方を選ぶ。

今はだいぶそのケチケチ癖が治ってきて、高くても質の良いものを買えるようになってますが、
それでもたまに出てくるんですよね、「お金もったいないなぁ。。」という考えが。

友達からは「堅実で良いよ!」とか「お金を貯められて羨ましい~!」なんて言われますが、
これってやっぱりお金に執着しているってことですよね?

そんな中、ある本を読みました↓
心理カウンセラーの心屋 仁之助さんの本です。


一生お金に困らない生き方

・お金は出すから入ってくる。使えば使っただけ入ってくる
・お金は空気と同じような存在で常に「ある」と信じてみる
・自分の価値を自分がどう思っているかで収入が決まる

と、なんともインチキっぽい内容が書かれています。。。

でも信じる者は救われると信じて、私は「ふむふむ、なるほどー」と読み進めました。

すると途中で「神社ミッション」というものが出てきます。
ご利益のなさそうなさびれた神社のお賽銭箱に1万円を入れるという衝撃的なミッション。

「先に出す」という行為によって、豊かさが回ってくることを体験するというもの。

※詳しくは心屋さんのブログに書いてあります↓
■ お金がない時ほど神社ミッションをする理由

ほとんどの人が「出すと入ってくるよ」と言われてもやらないと思うのですが、
わたくし、やってみましたw

近所の神社へ行って、一万円をお賽銭箱の中へ。
めちゃめちゃドキドキしてなかなか一万円を放せなかったのも事実。。笑

その結果(かどうかわかりませんが)、私にとってはなかなかすごいことが2つ起こりました。

1つ目は、先月派遣で働いていた会社を退職したのですが、その際記念品として
ずっとほしいと思っていたiPad mini(最新モデルで45,000円ぐらい)をいただいたこと。

2つ目は、母が友達からディズニーランドのチケット(6,900円)をもらってきたことw

ディズニーのチケットはペアチケットで、2枚とも私にくれるのかと思い喜んでいたら、
「私とあなたで行くのよ」と母に言われたので、1枚だけいただく形となりました。。
近日中に母と行って参ります(笑)

というわけで、大したことではないかもしれませんが、
立て続けにこういうモノをいただく機会なんて今までになかったので、ちょっと驚いてます。

ま、見返りを期待することは別として、「神社ミッション」をやってみたおかげで
お金の執着がかなり薄くなったような気がします。

今後はお金を回すことを意識して、出す時はマイナスのイメージを持たずに出す!
と思ったのでした。

まとめ:もうケチとは言わせないぜ!(笑)

 

(コメントは停止中です)