幼稚園、小学生の時の作品を処分

大量に保管されていた幼き頃の自分の作品も処分しました。

※幼稚園の時に作った作品

クローゼットの中でけっこうなスペースを占有していたこれらの作品。。。
クローゼットを開ける度に「そろそろ手放したい!」と思っていましたが、
なかなか手を付けられずにいました。

今となってはなぜ踏ん切りがつかなかったのかよく分かりませんが
30歳になるまで保管してきたことを思うと逆に捨てづらくなっていたのかもしれません。

でもやっぱり邪魔。。。笑

なのでいつものように捨てる前に写真を撮って処分しました。

実用品ではないのでなくても全然問題ありませんし、
写真に撮っておけば原物を持っているのとそんなに変わらない気がします。

その他に、小学生の時のモノだと
・連絡帳
・夏休みの絵日記
・担任の先生が作った連絡プリント
などなど、学校関連のモノがジャンジャン出てきましたが、
それらはサラッと目を通してポイッ。

(※教科書やノートはどこかのタイミングですべて処分していたようです)

卒業文集(小1~中3分)だけは、表紙と自分の書いた部分だけを写真に撮り、
それらを一つにまとめてPDFにしておきました。

写真に撮るのはけっこう面倒くさいですが、あとからパソコンで見れるとなかなか楽しいです。

まとめ:自分の作品は写真に撮って処分!(一応デジタル化)

 

(コメントは停止中です)