最後の砦、アルバム類

だいぶモノを処分してきましたが、一番の大物がまだどっさり残っています。
それがアルバム類。

どれだけあるかというとこちら↓ ジャーン!

アルバム箱2

段ボール2箱分。。。

この段ボールの中には、
ポケットアルバム、台紙に張るタイプのアルバム、卒業アルバム、卒業証書、
写真館で撮った家族写真、旅行のスクラップブック
が入っていました。

思い出のアルバム類を処分するなんてとんでもない!という考えの方が大半でしょうし
私も以前は同じように思っていたのですが、
一度実家を出てまた出戻ったことで考えが変わりました。

というのも、実家を出る時にアルバム類は一緒に持って行ってくれと母親に言われたので
「なんだかすごい荷物になるなぁ。。」と思いながら持って行き
引っ越し先に置く場所がなかったので部屋の隅に保管。
(私は見えるところに段ボールとか置いてあるのはすごく嫌いなのですが仕方なく。。。)

その後一度も開けることなくそっくりそのまままた実家に持って帰ってきました。

この一度も使うことがなかったモノに対してかかった引っ越しの時の労力や、
保管していた時のスペースのことを考えると、とにかくストレスを感じます。
そしていくら思い出のモノでも、この荷物から解放されたいという気持ちが出てきました。

そこで意を決して、写真もすべてデジタル化することに!

量が半端ないので相当な時間がかかることは目に見えてましたが、
この2箱の段ボールから解放されることを夢見て作業を開始させました。

つづく

 

(コメントは停止中です)