写真のデジタル化(台紙タイプ編)

台紙に貼るタイプのアルバムのデジタル化にいよいよ突入!
なんと全部で8冊あります。。

とりあえず最初に作業した4冊はこちら↓

4冊

大学から幼稚園までの写真

台紙タイプは何が大変かというと、まず台紙から写真を剥がすのが大変です。。
台紙によってはけっこうべったりくっついています。

私は最初、何も考えずに写真の角を人差し指の爪で引っかいて剥がしていたのですが
写真の角は意外と凶器。。
爪の下の肉にブスブス刺さるので、気がついたら流血してました(両手ともですToT)

人差し指の先に絆創膏をはったら剥がす作業ができなくなったので、
代わりにカッターを使ってみたらこれは大正解!
写真を傷つけないように少し注意しないといけないですが、けっこう上手く剥がせます。
(最初からカッターを使えばよかった。。。)

ここでもう一つポケットアルバムタイプにはなかった手間があります。
それは写真を剥がした後、写真がくるくるに丸まってしまうこと。

この状態だとスキャナーに置いたときにうまく挟めません。
3~4枚をいっぺんにスキャンしようとする場合はなお更です。。

なので反対向きにくるくる丸めてできるだけぺったんこになるようにしておきます。

と、ここまでの作業でかなり時間を使います(軽く2~3時間はかかる。。。)
なので写真を剥がすだけで一気に疲労困憊ToT

それからスキャンして画像加工して。。(←こっちの方が時間がかかる)となると
本当に普通に仕事をしている感覚に襲われるので
長くても半日だけと決めて作業していました。

毎週土日にやっていましたが、それでもこの4冊を終えるのに1か月以上費やしたかな。。。
いや~、長い道のりです。

デジタル化まで終わった後は、写真もアルバム本体も細かく破いて燃えるゴミで処分しました。
(実はこの作業もとっても大変。。。手が痛くなります)

ゴミ袋2つ

アルバム4冊分です

つづく

 

(コメントは停止中です)